2014年09月12日

和菓子いろいろ

和菓子教室8月。
清流
水ようかん
ベターホーム8月.jpg
寒天をうすく作って切り、紙の上にでこぼこに並べて
あんこを乗せ、巻き寿司の要領で巻きます。
あんは「干しあんず」「ゆかり」をそれぞれ良い分量混ぜてあります。
夏向きなさっぱり餡になり美味しかったけど・・・
こんなちまちま、今後よう作りません笑。
作ったとしたら・・・ばかでかいのですかね!!

水ようかんは簡単ですけど・・・蒸し羊羹のほうが好き!
そちらは秋に習うようなので期待。

9月
栗饅頭、くるみ饅頭
鹿の子
s-DSCF8592.jpg
お饅頭の皮、もうちょっとしっとりさせたいなあ。
たぶん初心者にも作りやすいよう固めで教わってるんだと思います。
それにしても栗の形、下手すぎな私...
やっぱり和菓子作成向きの性格ではないです(涙)
鹿の子は豆を変えたらカラフルにできますね。


おまけ。上本町ぞうろあんの「庵かふぇ」
“アイピローを作ろう”に参加しました。
今治のタオルの柄をまず選ばせてもらい、本松葉屋の最高級あずき(紅娘)と
石本川口軒のほうじ茶(ミシュラン料亭に納められているお茶)を詰め、
グシ縫い・本返し縫いでアイピローがあっという間に出来上がり♪ぞうろあん2014−9.jpg
そしたらすかさず出てくる「平面パフェ」笑
お好きにどうぞという趣向!
よく見たら贅沢ざんまい〜!!
本松葉屋さんの「くらだし」というお菓子、栗きんとん、くずもちに
バニラアイスとバナナ、生クリーム。
そこへハーシーズのチョコレート(シロップ?)を掛けるとオツ、というので
掛ける・掛けないを試しました(笑)。
どっちも美味しい〜あはははは。

そして帰りは本松葉屋さんのお店へ行って(もう定番コース)
日本一美味しい栗蒸し羊羹を中心に(それだけじゃないのか!)お持ちかえり。
ほんとは店のん全部買いたい(笑)

羊羹あるうちにまた来よう〜(どんだけ好きやねんな)。


posted by 店主 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2014年07月01日

和菓子に手を染めるの巻

やることいっぱいあるのに、ブログ書いている場合でも
和菓子教室なんか行ってる場合でもないんですけど、
変更できる日がなかったので行ってきました。

この5月から始まった「和菓子の会」。
今日で三回目ですが、前に行っていたコースの先生おススメの
超丁寧な教え方をしてくれる先生のクラスへ。

教え方ばかりか気遣いも素晴らしくて
可愛らしい先生。こんな大人になりたいわ。
私のクラスは人数が少ないこともあって、
なーんか一人で早く終わってる私(どうでもいいというか適当というか、
あんまり考えないので早く出来るんです笑)をすぐ覚えてもらい・・・
余分なことまで教えてもらってます笑

さて、1回目(五月)
若鮎
くず流し
s-DSCF8405.jpg
鮎の生地は「みかさ」と同じですから、あとは求肥の作り方くらいですかね。
作ると美味しいけど、ベタベタして扱いにくいのが・・・。
市販の鮎って色々で、自称“鮎評論家”としては鳩サブレで有名な鎌倉・豊島屋の
4月5月くらいの限定で出る本店でしか買えない鮎が最高に美味しいと思ってますが
これはまあまあ近いです。練習したら近づけるかな?無理かな笑

くず流しは簡単で美味しいですけど、作ってまでは食べないかなぁ笑


2回目6月
抹茶しぐれ、黄身しぐれ
s-DSCF8464.jpg
これは和菓子の中でも1、2を争うほど大好きなお菓子ですので
もう10年以上前くらいから色んな配色(春ならピンクと茶色で「さくら」とか
緑とピンクで「お雛さま」、秋は茶色と黄色でとか無限にバリエーションできます)で
作っていたので、慣れたもの。
私がやっていた作り方よりは手を掛けてありましたので、それは勉強になりました。


3回目7月
夏遊び(錦玉かん)
BH和菓子7月.JPG
もっとも買わない和菓子です(笑)
見た目は涼やかで可愛いけど、味は単純だから!
でもこれ、美味しい練りきりで金魚と石ころを作り、土台に道明寺、
寒天には何と梅酒を使っているので思ったより格段に美味しかったです。
なにより、姪っ子たちがものすごく喜びました!!

先生は見本用に、濃い目の金魚ちゃんを作られてました
s-DSCF8506.jpg
色の濃いのは食べる気がものすごく失せるので自分のはかなり控えめにしましたが
やっぱりこう見ると自分のがものすごくぼやけて見えます笑
冷酒用のおちょこに作るの、綺麗ですよね!
・・・でももう作りません、たぶん笑


洋菓子より和菓子がやっぱり好きな店主(ん?)、
ベターホームの和菓子教室とは別に上本町の蔵鷺庵さんで行われる
和菓子体験教室も大好きでございますのでここへ特別展示。
s-DSCF8467.jpg
6月はじめに習った和菓子。
本松葉屋さんというところの職人さんが教えてくださいます。
こういう上生菓子が好きなんです。

私が作りました!!

・・・と言いたいですが私のは見るに耐えない出来栄えでしたので
先生のを撮らせていただきました笑

こちらでは、もうできあがった餡とか皮とかを使わせてもらって
成型だけするのですが、一番良いとこ取りでもあり、
一番不細工に仕上げてしまう弱点だったりします笑

ベターホームで生地づくり(家庭で出来る、というやり方ですが)を習って
蔵鷺庵さんで成型を学ぶ!!
・・・とまではとてもとても行きませんが、日本文化を学ぶことが
この年齢になってこそ楽しいですね。
しかも食べることですから笑。

ちなみに店に反映させるのは・・・ぼちぼちでんな。

posted by 店主 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2014年04月24日

料理教室最終回

皆さんのところも少なからず同じような状態の方いらっしゃると思いますが
パソコンだから良いようなものの、迷惑メールの多さには閉口しますね。
はじめは普通に迷惑メールボックスに拒否するものを登録して、のような感じで対処してましたが
もう1年以上前になるでしょうか、ブロックサービスなるものを初めてから
当たり前ですが、ものすごい楽になりました。

だけどこれって勝手に振り分けてくれて、ほんまに大丈夫なん???
と思ってたら。
迷惑メール1,2週間分まとめて「チェックしろ〜」メールが送られてきて
発狂しそうになりました笑。
そんな大量のリスト、目がチカチカして見てられへん〜

それがなんでか急に、毎日リストが送られてくるようになって
ずいぶんとチェックしやすくなりましたが・・・
やっぱり目がチカチカするには違いない・・・

絶対、いくつか本物のメールを削除してしまってるに違いない。

過去一年間ほど、
「メールを無視された」感のある方、もしいらっしゃいましたら
どうかお許しください。
もし良かったら「無視された、怒ってるで」メールをいただけますか!


そして月曜から目が真っ赤っかだったのは
迷惑メールの見極めに疲れたのでもなく
ロマンチックに泣きはらしたのでもなく

・・・たぶん結膜炎でした。
家にあった、市販の抗菌目薬では全く効かず、
火曜に眼科でもらってきた目薬がすぐ効くのはさすがですな。
今日はほぼ戻りました♪


さて、低カロリー料理の最後3回分まとめてご紹介。
2月
ねぎ塩豚丼
菜の花としいたけのおひたし
根菜のかす汁

以上520キロカロリー。

このどんぶり、とにかく美味しかったのでもう何度も作っています。
薄切りをカリカリに焼いてしまうと好きなのですが、ちょっと苦手っぽい豚肉。
それもすごく美味しいと思って食べられてしまうのがすごい。

粕汁はちょっと薄かったです笑
やっぱりカロリー高いんでしょうね。


3月
500カロリ3月.jpg
長芋グラタン
雑穀ミネストローネ
グレープフルーツのマリネ
ハーブトースト

487キロカロリー。

この回のイチオシはミネストローネ。
グレープフルーツもなんとも美味しかったけど。


4月
しいたけしゅうまい
混ぜるだけ豆苗チャーハン
えのきの酸辣湯

529キロカロリー。

シュウマイはほんとに絶品でした。
普通の皮を使うシュウマイもよく作りますけど、しいたけに乗せれば
かさ増し&カロリーダウンの一石二鳥ですもんね。味もよくなって
一石三鳥かもしれん。

なんでか写真がアップロードできません・・・
同じ条件でファイルしてるのになんでやろ。


このコースは人気で、都合のいいクラスに登録できなかったので
とりあえず入って、他の日は全部変更で受けたのですが
大阪、京都の先生はやっぱり大阪らしかったり京都らしかったり個性が出ます。
なーんか面白いんです〜笑

最後の4月は梅田でしたが、東京から移ってこられたか、
とってもいい感じの先生だけども、ついつい笑いを求めてしまう大阪人としては
いささか退屈・・・すみません。
いろんな教室にいって、そこのカラーを楽しんでおります。

さて、5月からは念願の和菓子コース!!
店に反映できたらいいなと思ってます。
お楽しみに♪



posted by 店主 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2014年02月05日

「食」と「クモの巣」

蜘蛛を食べようとしているわけでは・・・ないと思う・・・

食べるかもしれない?のは最近ほうきに乗ってフェイスブック内バーチャルお出掛けしていまして
魔女仲間増殖中・・・そのうち蜘蛛が主菜になってる気がしてきた。

これはビョーキですな。
どなたか、私が怪しすぎるときは病院に行くように勧めていただけますか(笑)。



さて、警察にでも通報されないうちに本題へ。

数々の溜めているネタをとりあえずすっとばして、
あ、違った、熟成のため寝かせておいて、
この日曜日のハナシを。


午前中、低カロリー短時間料理教室1月分を受けに京都へ。
s-DSCF8119.jpg

白身魚と白菜のフライパン蒸し
切り干し大根のナムル
ごぼうとせりのみそ汁

フライパン蒸しは皆さんもされることがあるかと思いますが
白菜の軸の部分を底に敷き、豆腐、塩とお酒で下味をつけた白身魚と置き
ごく弱火で6,7分蒸したところでパプリカ、えのきを入れて後2分。
器に盛ったら絶品の「にらだれ」をかけてできあがり。
にらだれはコチュジャンを入れるのがミソ。
極上の一品でした。

ナムルは、帰って来てから「あれナムルやったんや」笑。
酢の物かサラダみたいな感覚で家でも食べていたので。
切干大根といえば煮物が多いですよね。
わたし、「たいたん」に代表されるみりんや砂糖を使ったおかずが
あまり好きではない非国民。
肉じゃがも、すきやきも。
もちろん、出されるのはちゃんと美味しく頂きますが
自分ではあまり作りたくない。
もしかして母の味が甘いのかな?
なので、この切干の食べ方は気に入っています。
こだわったのは、「ひたひたの水で3分戻してさっとゆでる」これだけ。
その歯ごたえ、絶妙でした!

おみそ汁は、ダシを取る時間を短縮、水に薄切りのゴボウと、干ししいたけを手で割って入れる!
それを弱火で煮出したところに味噌とセリを入れる。
ひねりゴマを散らす。以上!!
いりこなどのダシはないにせよ、ゴボウって良い味出しますよね。
せりとかゴマの香りも手伝わせて、手軽なのにほっこりさせるお椀でした。



そして午後、茨木で母と待ち合わせて母校へ。
高校同窓会が主催する、卒業生によるプチ講演会に行ってきました。
「食育のすすめ〜子供をとりまく食環境」
http://www.kyuukeikai.jp/?cat=6

栄養的なことなど「食べること」を中心に話されるのかと勝手に思っていたのですが
「小さいとき(1,2歳)から簡単な調理をする」ことで集中力や注意力、考える力
察する力、その他もろもろが養われる・・・私が感じていたことが間違っていないということを
確認させてもらえて、とってもすっきり!!

うまく表現できませんが・・・
お手伝いをしないでお勉強している子供たちって知識はたくさん持っているけれど、
空気感とか体感とかそういうことで様々な事象をつなげてピンと来る、とかいう想像力だったり
構築力だったりがとても乏しい気がします。
調理というのは、今の時代は食べる事生きる事としての一つの方法でしかないかもしれないけど
それだけじゃなくて生きる力をいろいろに学べるものなのだなと。
食育って深いですね!

今回の講師、今田先生がこれまた素敵な方でした。
この講演をすすめてくれた同級生のTちゃん、私が講演を聴きに行くということを
先生に伝えてくれ、店の宣伝までしてくれていたのですが
実は前日のお忙しい中ご来店くださったんです!!
お話できたおかげで、講演も緊張せず聴くことができました笑
ありがとうございます。

先生のレシピ本も分けてもらってきました
s-DSCF8121.jpg
本当は、歌笛堂でもアレルギー対策のものが出せたらいいなと思ってるんですけれど
絶対に粉や卵を使う環境でしか作れないとなると、本当に厳しい症状の出る方には結局だめなのかなと。
それに私ひとりではまだそこまで手が回らないので、実行には至りません。
でもこの本、アレルギーを持っていなくても作ってみたいお料理満載!
スイーツも美味しそうです。


そして、先生とフェイスブックでつながってみたらなんと!
元タカラジェンヌ絵莉千晶さんの写真が出てくるではありませんか。
ハーピストおさわ嬢がお付きをしていた名歌手です。
私はお話もそんなにしたことはありませんし、ディナーショーなどのチラシは
預からせてもらいますので、ご本人に歌笛堂の認識はお有りでしょうけれど
私の顔まで判別はしてもらえない程度の間柄ですが、
今田先生のお嬢さんが絵莉さんに歌を習われているとか。いいな〜笑
面白い“蜘蛛の巣ご縁”です。

とっても名物な生物のT先生、それからTちゃんにもお会い出来て
ほんとに楽しい講演会でした。
(T先生の授業を思い起こすような軽妙な司会も懐かしさ200%!)
そうそう、T先生、おうちに遊びにおいでって!!
みんな、先生のお寺にお邪魔しましょう〜るんるん

それからそれから!講演会後に「覚えてますか?」というひとりの若いお嬢さんが。
講演会には学生さんや就職したてな感じの若いお嬢さんが結構見えていて、
最後のフリートークっぽい場面でも、その若い人たちが全員、しっかりと自分の
考えを持って感想やアドバイスを求めたりしているのがさすが後輩だなと思ったのですが。

で、その彼女、中学生のときに少しレッスンに来てたんだよね。
高校受かりましたって制服で挨拶に来てくれた時に、後輩になったのねって
喜んだのをありありと思い出し。
あのときからしっかりした良いお嬢さんだなと思っていましたが
更に立派になられて〜♪
「ついこないだ、家族で車で通って“先生の家この辺だったよね”って話してたんです〜」
よく覚えててくれたね、嬉しいわあ。
歌笛堂のアイアン看板も良いと思って見てくれてたらしいです。
当時はまだ店なんかやってなかったもんね。
またいつかいらしてね。


学校はすっかり建て代わって、正門もまったく違う方を向いているのですが
昔の正門は裏門として残っています。
25,6年ぶりにそれを越えて、おもかげといえば・・・
「関係者以外はいるべからず」みたいなことが書かれた木の看板、
江戸時代みたいな三角屋根がついた看板ね笑、朽ちかけながらありましたが
当時のままかなぁ?見覚えはあるんだけど。

講演会場となった建物は昔から同窓会館でしたが当時は1階が食堂でしたね。
ちょっと改装されてますが数少ない名残です。

あと、当時一番新しかったD館と呼んでたジオイド先生とか美術教室の建物。
私は数えるほどしか入ったことないけど。
それからあのゲルの館!!
どちらも相当古びているので、そのうち取り壊しになるのかもしれませんね。
なんの思いいれも無い母が早よ帰ろとウルサかったので、写真も撮り忘れましたが
せっかくなら同級生と行ってタイムスリップしたいわ〜。
こんどの講演会は流れで同窓会に持ってくツアーでどうでしょうか笑。


もひとつ、“蜘蛛の巣ご縁”ついでに。
昨日ひさしぶりにご来店くださった、とても感じのよい奥様。
以前近所で立派な事務所をされておられて、というのはお聞きしたのか知っておりましたし
ほんとに優しい感じの素敵な方なので覚えていたのですが
実は高校同級生のMちゃんのご親戚だとか!
もーびっくり♪♪♪
なんだかこういうご縁を楽しめるって、すごい幸せだなあと
つくづく思う今日この頃。
みなさん、ありがとうございます〜ぴかぴか(新しい)





posted by 店主 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2013年12月14日

低カロリー料理6〜8回目

今週もスケジュールびっちりといえばびっちりでしたが
クリスマス前のこの時期としては、いつもより
クリスマス以外のことをしている時間が長いような気がする・・・
たぶん間に合っているはずだけども、なんか忘れてるんちゃうかな?って
気になるくらい、店以外のことしてます。
大丈夫なんかな・・・


さて今日も午前中、料理教室だけのために京都に行きました。
近いとはいえ、やっぱり京都行くのにそれだけのためってもったいない気がするのは
かなり貧乏性な証拠だけれども。

以前の分、まずは10月
s-DSCF7918.jpg
きのこのハッシュドビーフ
キャベツと柿のサラダ
焼き野菜のスープ

いつも驚きの美味しさですが、このハッシュドビーフ、美味しすぎ。
カロリー低いのとは思えませんでした。
スープは長ネギ、長芋をグリルで焼くだけ。それで滋味スープの出来上がり。
サラダはレモン汁とオリーブオイル、キャベツに振る塩だけの味付けで
さっぱりとしながら味わい深いものでした。

11月
s-DSCF7974.jpg
ビネガーチキン
かぶとほたてのカルパッチョ
パプリカの豆乳ポタージュ

チキンはトマト缶で煮ます。
ポタージュはすこしだけご飯を入れてとろみ付け。
カルパッチョはゆずこしょうドレッシング。

手羽元2本食べられて、ご飯1膳付いてぜんぶで512キロカロリーなんて
信じられへん。

ちなみにこの回は梅田で受けましたが、そのときの先生、
そこはか〜となく面白いことをおっしゃる先生でした笑。
なんやったかな、めっちゃウケたことがあったんですけど。
すぐアップしたら良かった・・・


12月
s-DSCF8052.jpg
牛肉とだいこんの黒コショウ鍋
根菜のマヨサラダ
りんごとさつまいものジンジャー風味

写真は丼で写ってますが、寄せ集めな他人(笑)4人で土鍋つつくのは難しいので
分けてしまってます。
これがまた激ウマ。タイトルだけではニンニクを使うなんて想像しなかったのですが
お肉にニンニクと醤油で下味をつけ、それをダシで大根と炊くだけという
簡単なのにものすごい美味しいお鍋でした。

サラダもなかなかコクがあって美味しいし、リンゴもちゃんと紅玉を使います。
それがしょうがをおろして炊くので・・・
ニンニク&しょうがでぽかぽか。いや、暑い。
コート要らん!!ってくらい温かくなりました。
急いで帰ってすぐレッスン始まるというのにニンニク食べてしまいましたが
リンゴが消臭に良いんですよね。ちゃんと考えてあるわ。
プラス、ブレスケア飲んで、寒さに負けないメニューであることを実感♪


これ全部、30分くらいで作れるんですよ。
10月、12月は500kcalどころか、下回ってるんです。
それで美味しくておなかいっぱい。すごいわ〜こんなん考える人。
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2013年09月06日

お料理教室

昨日、また80越えの恩人が来られました。
小6の時の担任、I先生。

先月京都の展覧会に行って見せてもらった作品4点を
小さいめのプリントでお持ちくださいました。

大きいプリントで見えた宝石みたいな水滴が
ちょっと分かりづらかったりしますが、
また店の感じが変わりました。
是非見にいらしてください。


さてさて、溜めてましたお料理教室の件。
「30分の(で作れる)500kcal献立」
1回目の5月はそのころアップしたかと思います。

2回目6月。
BH500カロリ6月.JPG
チキン南蛮風 豆腐ソース
なすのかか煮
モロヘイヤとたまねぎのみそ汁

豆腐ソース、面白い味でした。
いつも笑顔の栄倉奈々似の先生に「ソースでお腹が膨れるって斬新ですね〜」といったら
そうですね〜って思いっきり笑われた(笑)。


3回目7月
BH500カロリ7月.JPG
えびとオクラのカレー
なすといんげんのサラダ
オレンジラッシー

子供には食べさせられないくらいちゃんと辛いカレー、お気に入り!!


4回目8月
BH500カロリ8月.jpg
ミニトマト入り麻婆豆腐
タコと青梗菜の冷菜
四川風泡菜

写真、赤いな(汗)

麻婆豆腐にトマト入れるって・・・!
かすかな酸味がちょっとだけ違和感ですが、美味しいです。


5回目9月
BH500カロリ9月.jpg
さけの和風バーグ
ゴーヤーの味噌きんぴら
とうがんのすまし汁

このハンバーグ美味しい!
たまねぎ入れるなら油で炒める手間が要るけど、
そのかわりに何もしないで食べられる白ネギを使うことに感動。
それからゴーヤ、これならすごい量が食べられる〜。
ちょうど立派なのを頂いたので、これにしましたら
すぐになくなりました。


どの回も少しは油も使うし、物足りなさがないのが凄い。
500カロリーどころか、下回る回が多いのに〜。

ドレッシングを美味しく手作りして野菜をいっぱい食べるのも、
具材を大きめに切って「よく嚙む」ことを目的にするのも
手間を省いて時短することもカロリー減につながってたり。
料理って面白いね。




posted by 店主 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2011年06月08日

ビランチャに行ってみた

えらい昔の話ですが。
イタリア料理教室の最後の回の日記を書いてませんでした。
4月のことです。記憶が怪しいけど…
ビランチャ12回目.jpg
鰆のムニエル 木の芽ソース
いちごのリゾット
マンゴーのジュレ ミントとオレンジ風味


い、いちごのリゾットですかっ!!
イタリア料理っておもしろいことしますよね。
生ハムメロンなどは定番ですが、マンゴーと豚肉を重ねてみたり、
桃のスープだのスパゲッティなども食べたことがあります。

別におかしくはないのよね…日本の家庭料理でも甘辛はしますから。

ただ、私は基本的にすき焼きも肉じゃがも嫌いです(笑)。
辛いものと甘いものは分けて楽しみたいだけで、出されて食べないなんて贅沢な事は
絶対しませんけどね。

いちごのリゾットも、思ったよりはかなり美味しくて、もちろん全部食べました。
だけど自分では作ろうとは思わんな(笑)。


鰆のムニエル、これは文句なしですよね。美味しいわ。
皮もパリッと焼いて、うまうま。
木の芽ソースは、木の芽があるうちに作って冷凍しておくといいらしい。
焼きあがった魚に乗せるだけでじゅわ〜と溶けて春の香り。

ジュレも美味しいね。
家ではもちろん要リキュール(笑)。


ということで、1年間12回、習ったというか、見に行ったというか、食べにいったというか。
私が習得できたのは魚と鶏の皮をパリッと焼くことくらいちゃうか(恥)。

いや、結構なお値段を払って習いに行っても、家でイタリアンは非常に難しい。
何が一番難しいって、せっかくうまくアルデンテに仕上げたパスタを
その瞬間から食べさせることはT家ではまず不可能なのであるふらふら
皆が家の中に揃っていようとも、「もうすぐできるから席に付け」と号令かけても
誰一人座るヤツおらんあせあせ(飛び散る汗)

仮に、皆が座るのを待って茹で始めたとしたら…
出来るころにはバラバラになっとるダッシュ(走り出すさま)
私の腕くらいでは、ちょっと冷めただけでまずくなるので、いつもがっかり。

やっぱりイタリア料理はお店に行って食べるに限る手(グー)

というわけで、去年の6月くらいの会の打ち上げで(笑)、やっと昨日、先生のお店へGO!
ビランチャhttp://www.bilancia.co.jp/menu1.php
予約したとき、「お連れ様は女性ですか、男性ですか」と聞かれた。
そんなの、あんまり聞かれないような。
どう違うんやろね?食材の好みとかかな。
一番良いランチコース手(チョキ)
好みはばっちり合ってた。さすが。

席に案内してくれた…マネージャーさんというのでしょうか、その方
「お料理どれか挑戦されますか」
あほなことを(笑)。
いや、「じゃあ、メイン料理を。」っとかいうのが大阪人の心得だったと
後で後悔(笑)。

s-DSCF6477.jpg
カプレーゼ。これ、時々無性に食べたくなって、水に浮かんだほうのモッツァレラチーズを買ってくるけれど
家で食べても絶対美味しくないのよね〜。
トマトは熊本産塩トマトだそうな。そういや、津波被害の畑で塩トマトを作るって聞いたところで
タイムリー。これ、いいわ。
食前酒(カンパリとオレンジジュース)はサービスしてくださったと思う。
ありがとうございます。

s-DSCF6478.jpg
生うにのスパゲティ。どっしりクリームソースではなく、あっさり目の仕上げでうまうま。
あまり調子よくなかったので、あっさり目でよかった〜。
それもあって、ワインも飲むつもりが断念しました。

s-DSCF6479.jpg
鮮魚とハマグリのヴァポーレ バジリコソース。
アスパラとツクシの間みたいな野菜はフランスの何とかっていうアスパラらしい(説明になってませんね)。
バジリコも大好きなので、このソースはフォカッチャにつけて全部頂きました!

s-DSCF6480.jpg
牛ヘレ肉の網焼き。
やっぱりお肉はヘレよね(私比。)
そして、このくらいの量が一番美味しいです。

s-DSCF6481.jpg
パティシエからの贈り物
こういうタイトルがなかなか付けられないよね私には(笑)。
ティラミス(上の棒みたいのはココア味のグリッシーニ)、イチゴのパウンドケーキ、
チョコレートのマカロンみたいなの(これだけ何か忘れた)、トマトのジェラート。
白いのはココナツのソース。

DSCF6482.JPG
そしてカプチーノ。あれ?これだけ圧縮した写真がないっ何でやろ。まあいいか。

どれもこれも美味しかった〜大満足。
女二人でよーしゃべるけど、食べてるときはちょっとくらい大人しかったかもしれん(笑)。
北浜って高槻からだと簡単に行けるようでちょっと行きにくいところですが
また行きたいと思います〜。
先生ありがとうございました!


その後、本町が近いので歩いてシモジマ(問屋)へ。
わりに最近、大量買いしたところだったので、特価になってるのとか、家で使うものとか買う。
帰りにお茶だけ飲んで帰ろうとたまたま入ったお店、良かったね。
ラスクが付いてきたけど本調子じゃない私はもう固形物は入らん(笑)。
また今度行ってみよ。
おつかれさま〜。
posted by 店主 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2011年03月10日

ビランチャ11回目

色々ありすぎて今日の記憶やら昨日の記憶やら1年前の記憶やら
よ〜わからん〜〜やばい??
ちょっと前、こないだな、とかいうのが3,4年前の話だったりするからな・・・おそろし。

さっき、2号が
「うーちゃんのおたんじょうびしたげるわな。15さいおめでとう」
ええなあ、15歳か。一番ええやん。
そこへ1号、間髪入れず
「ちゃうで、40さいやで」
黙ってても良かったが「今度お誕生日きたら42歳やで・・・たぶん。」と自分で言ってからめまいがした(笑)。

いや、いいんですそれで。良い40代スタートしてますから。
・・・だけど、ダカーポじゃなくていいから、ちょっとだけダルセーニョしたい気分のときはあるよね(笑)。



そうそう、今朝マイミクIKUちゃん他高槻市民から聞いた話。
NHKの連ドラ「てっぱん」ごらんになってますか?
私はごくたま〜にしかみないので、何となく筋を知っている程度ですが
マラソン選手の人いますね?今度出る設定のマラソン大会、毎年高槻でやっているハーフマラソンに
便乗して撮影したんですってね。
もちろんドラマではフルマラソンの設定らしいですが、大量のエキストラは集めなくていいし、
走ってる人は一般市民であろうと練習を積んで走りに来るリアル走者。
さっすがNHKさん、うまいこと使いましたね〜(笑)。
このドラマ、大阪だしブラスも出てくるし、高槻ハーフマラソンに、たちばなさんまで出てくるとは(笑)
全国放送じゃなくて高槻ケーブルテレビかと思ってしまいました、ははは。



あ。。。おばちゃんの井戸端会議ですね、話がころころ(汗)。
さてさて本題、昨日は、と。

イタリアンレストラン、ビランチャのお料理教室。
もう11回目になりましたが・・・なかなか家では出来ないな〜。

でも、実は、始めてパンのコースに行ったときも、自分ひとりでは出来ひんわ〜って
傍観してたんです(笑)。
教室では次あれしてこれしてって、手取り足取り教えてもらうからいいけど
一次発酵だのベンチタイムだのいろいろ覚えられへん!
でもあるとき、急に分かった!って思ってから作れるようになりました。

・・・だからってイタリアンはそういう風にはなれんわな。

1回5000円も出して習いに行くのに作らなければ、シェフの店に行って5000円のディナーを食べるほうが
よっぽどいいかもしれん・・・と、こういう計算をしていまうのはやはり大阪人でしょうかバッド(下向き矢印)

もう少し通って、「分かった!」感をつかむまで学ぶべきか。
迷い中です。
迷ってる理由は他にもあるけどここには書けん(爆弾発言です爆弾

今日のメニュー
ビランチャ11回目.jpg
鯛のソテー 生うにのソース
たけのこと、桜の手打ちパスタ
りんごの温かいケーキ

鯛は文句なく美味しいわ・・・生うにのソースだもの。
魚をカリッと焼くのはたぶんもう出来ると思う。
ソースも美味しい生うにさえあれば(笑)。

パスタ、これも絶品でした。
先生のお店の、春のスペシャルだそうな。
幅が3センチくらいある、パッパルデッレという麺。
桜の葉を練りこんで手打ちするそうですが・・・3食麺類でも良い私、ベターホームに通い始めたころ
手打ち麺コースに行ってパスタも打ちましたよ。
あの頃はほうれん草入りのフェトチーネをよく作っていました。
今でも作れると思うけど・・・作らんかな(笑)。時間が出来たら作ってみようか。

その生麺に、たけのこ、味はパルメザンチーズと無塩バター、黒こしょうに木の芽だけ。
なんでこんなに美味しいの〜春の味満載でした。

デザートは紅玉を炊いて、さいころ状に切ったスポンジと混ぜるだけ。
やっぱり紅玉は美味しい。
カルバドス(りんごのブランデー)買おう(お菓子に使うよりそのまま飲むほうが多かったりして笑)。
歌笛堂のりんごケーキに使ったら更に美味しさアップ!が期待できそう。
皆さまお楽しみに。



posted by 店主 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2011年02月11日

土曜日(12日)お休みです

皆さま、いつもありがとうございます。

誠に勝手ながら、この土曜日12日は臨時休業させていただきます。
申し訳ありません。
14日(月)からは通常通りです。



さて、この世と天国を行きつ戻りつしているような店主(笑)。
この世のしがらみと辛い修行の日々・・・というようなたいそうなもんではありませんが
多少の苦痛には耐えつつ、この世の小さな幸せにも満足しております(笑)。

火曜午前は音楽家協会の会議。頭は天国に置いてきたままだからこの世の仕事が辛いのかもしれん・・・
仲間は皆ほんとうに良い人ばかりだし、会議内容は今回特に問題もなく。
ただ、やらなあかんことが多すぎる。
とはいえ、広報作りの仕事はN嬢に丸投げ、5月のコンサートの仕事も他の3名にかなり丸投げ。
一連の書記の仕事と、パソコン周りの仕事・・・めんどくさ〜い(ゆうてしもた笑)。
さぼっても誰にも怒られへんけど、やっぱりボランティア団体とはいえ
ある程度社会的地位を守るにはやらなあかんことは多いよね。
表に出る部分って、大切ですわな。さあやろやろ。

午後は2ヶ月ぶり?いや、3ヶ月ぶりちゃうか・・・(汗)歌のレッスンに行ってきた。
実に、この一週間で3回目の西宮である(笑)。
こんなにレッスンをさぼることは無かったほど、長いこと行けてなかったのに
ものすごい通っている気分である。こりゃだめだ〜。
勉強できていないので何を持っていくか迷ったけど、私の少ないレパートリーの中から選んだ
苦肉の策は、マーラーである(笑う人、笑って)。

水曜。朝からレッスンの仕事。夜はイタリアン教室。
ビランチャ2月.jpg
たことジャガイモのグラタン
バジリコソースのリングイネ
鶏もも肉のソテー アラビアータソース

グラタン、簡単で美味しくて、ケッパーがなかなか良い感じに効いて美味しい!
これ、焼きたてより、お持ち帰りして今日食べたら、タコの良いダシが出て更にうまうま(笑)。

バジリコソースはいわゆる、ジェノベーゼですな。
私はもうちょっと、松の実のつぶつぶが残ってるのが好きかな。
でもこのソース、家ではなかなか作れないな〜。簡単なのに贅沢な感じが(笑)。

鶏は皮をカリッと焼くので、冷めても美味しい☆
あんまり皮は得意ではないのですが、まったく抵抗なく美味しかったです。



家を出るとき、姪っ子が「どこいくの」というので、お料理、って行ったら
「またつくってね!」と楽しそうに言われたが(笑)。
・・・いつ出来るかな(苦笑)。
父が鶏肉まったく食べないので(昔、家で飼っている鶏を絞めるのを見ていた人に多いですね)出来ないのよ。
というのは言い訳やな。2品に鶏は使ってない(笑)!








posted by 店主 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年11月10日

ビランチャ7回目

今日は朝からほぼ詰め詰めにレッスンして、夕方早めに終わり
イタリアン料理教室に行ってきました。

寝る前1錠のアレルギー薬って、眠くなるから寝る前なんやんね?
おいらには効きすぎて、一日中眠い・・・。
風邪引いたらよく出される(おいらは風邪くらいではめったにお医者にはかからんが)
「PL顆粒」
これにも、ものすごく弱いんだな。眠たすぎて。
とても一日3回なんか飲めやしない。

話せば長くなるので今日は省略しますが、店を始める直前まで、内科小児科皮膚科?ん?どこまでじゃ、
高槻の田舎の村医者さんの受付を7年くらいやってました。
そのとき、内部特典として無料で診察してくださってたんですが(笑)
ちょっと風邪ぎみ、とかアレルギー鼻炎とかいうのがバレると、
有難いことにすぐ薬をくださるんです。
たしか、眠くなるからと断ったこともあるんですが、そんな訳ない、と言われたような気が。
(もしかして私の記憶違いでPLじゃなかったらごめんなさい)
とにかく眠気に弱い店主でした。

で、今日のお料理教室もはじめに1時間くらい説明を聞いている間、
あやうく船を漕ぐところでしたふらふら
実は今日に限ったことじゃないけどね(笑)。
行きの電車の中でも大阪で降り損なうとこだったし。

今日の先生作
ビランチャ11月.jpg
生ハムとカリフラワーのプリン
鶏肉ときのこのフェットチーネ
オレンジ風味のさつまいもパイ

プリンって・・・やっぱり名前から来るイメージは、日本では甘いですよね。
前菜ってわかっていても、名前がプリンなのは違和感あるわ(笑)。
イタリア語そのままにスフォルマートとかそんな名前でええやん、と思うのは私だけ?
要はカリフラワーのスープをゼラチンで固めて、上に生ハムを乗せたお料理。
名前に思いっきり違和感抱くくせに、味はものすごい気に入った(笑)。
生ハムがすごい合う〜グッド(上向き矢印)
ただ、このプリンの塩加減、難しい。
先生の塩ひとつまみは私の三つまみくらいやったな。

フェットチーネは大好きである〜。
ここにポルチーニなんか入れたら最高やな。

パイは簡単に冷凍を使ったので手軽だけど、やっぱり自分で折込パイ作ったのとは全然違うからな(笑)。
でもこれは、単純にサツマイモが美味しい!
オレンジジュースで煮込むので、ホンモノのオレンジを洗って切って、とかいう手間がなく
でも100%ジュースなのでウソっぽくもなく、美味しかったです。
パイでなく、普通のケーキに応用してみようかな。

帰りは帰りで、読んでいた本に没頭しすぎて、もう少しで京都まで行ってしまうところでしたたらーっ(汗)
おいら、大丈夫か?!


posted by 店主 at 23:22| Comment(6) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年10月26日

ビランチャ6回目

先日お知らせしましたクリスマスリース教室。
25日現在、6日はあと2名さま、13日は満員だそうです。すばらしい〜ぴかぴか(新しい)
また、お正月用のレッスンがあるそうです。お楽しみに!

さて、今日は一応最終回のイタリア料理教室。
気に入っているほうのクラスに出るつもりが、例の熱のせいで行けなかったので
レギュラーのクラスに。
先月と違って工程が一杯あって忙しかった。

ビランチャ10月.jpg

ゴルゴンゾーラのクレープ包み焼き
鯛のソテー 焼きなすと海老のラグーソース
洋ナシのブリュレ
以上3品。

うーん、工程が多いというよりかは、寝不足でアタマが動いてなかったから
大変だったのかも(笑)。
寝る前に一仕事して、もうあかん〜てとこまでヘロヘロ状態で起きていて、
布団に入ったら0.0何秒で眠りに入ったはいいけれど、
2,3時間後に鼻の裏(ノドと繋がっているところ)が鼻水にやられて
痛くて苦しくて目が覚めるもうやだ〜(悲しい顔)
私、これが一番苦手なのだ〜
寒いのにしばらく起きて解決法を探っている間に夜明けが近づく近づくたらーっ(汗)

プチ閉所恐怖症の一環か、鼻づまりが異様に怖くて気が狂いそうになるし、詰まると激痛。
多分私は、MRIとかの機械に入るのも苦手だし、ピラミッド探検も出来ない。
ヘルメットも怖いです(なんかバラバラ笑)。
チリの落盤事故生還の皆さんが神に見える店主ふらふら

おかげで先生の1時間解説は修行だった。
そして、ところどころの記憶でやるもんだから、一つ入れ忘れたりダッシュ(走り出すさま)
でも失敗は私だけでなく、テーブルの皆、均等にやりましたからおあいこ。よかった!
他のテーブルも何でか間違いが多かったみたいで、いつも寛大な先生が半分切れてました(笑)。
今日は30人ほどのクラスのみんなに何かあったんか?それとも類友?

それでもシェフから一人ひとり修了証書をいただく。
もちろん出来なくたって修了するのだ(笑)。
ま、あと半年、同じ先生で勉強するからいいか〜(どこまでもお気楽〜)。

posted by 店主 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年09月22日

ビランチャ5回目

これも2週間前の話・・・

・・・まだ2週間しか経ってないのかたらーっ(汗)
特に忘れはしないけど、ずっと前のことだった気がする(笑)。


「ビランチャ」のイタリアン教室5回目は。
ビランチャ9月.jpg
秋鮭のソテー きのこソース
栗と鶏肉のリゾット
いちじくのコンポート

今回はえらい簡単でした。早く終わった(笑)。
鮭はなかなか良い切り身が来ていて、きのこたっぷりのソースがまた美味しくて。
舞茸が好きなので、家ではポルチーニと舞茸だけで贅沢にやってみたい(笑)。

リゾットは・・・うーん難しいね。
別の先生には、スープを継ぎ足し継ぎ足しするやり方で習って
面倒だけど美味しかった。
今回は一度に入れるので楽だけど、素人には米をアルデンテにするのが
難しいなと思いました。様子見るタイミングがわからん。
でも味は美味しかったです。

いちじく、これも鍋にいちじくと砂糖を入れて火にかけるだけの超簡単レシピ。
きれいな赤ワイン色が出て、とろりとしたシロップが見た目にも素敵だけど
試食はこれそのもの。甘くて食べられません。っていちじくだけはなんとか食べたけど。
ヨーグルトなんかに混ぜたら最高に美味しいだろうな〜。


今回混ぜてもらったテーブルは以前にもお邪魔しましたが
この5回の中でやっと楽しく参加できたテーブルでした(苦笑)。
それでやっと、このクラスで秋冬期の継続を決心しました(おおげさ〜)。
20年近く通っていて、行くのが苦痛になるほど嫌なことってなかったので、
月一回といえども良い人に当たるって有難いなとつくづく感じてます!


posted by 店主 at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年08月12日

ビランチャ4回目

明日のことを考えないでよい、というのは誠に良いものですね(笑)。
姪っ子たちと遊び三昧な日々を満喫しております。

ブログネタはまだ余っておりますが今日は、昨日と今日の話。

昨日。
ほんとうはまだ先の日に取ってあった「ビランチャ」のお料理教室、
ちょいと避けたい理由があって(スイマセン)18時半からのもう別のクラスに参加。

先月はそれで上手くいったのですが、悪いことは考えたら駄目ですね・・・
変更した意味なかったたらーっ(汗)
あーもー、ベターホームでこんな嫌な目に遭ったことがない。
20年近く通ってて、辞めたくなったのは初めてです。
やっぱり私が悪いんだろうか??
11月から始まる来期も今のコースを続けたいけど、
教室の雰囲気がこんななら考え込んでしまうな〜。

それはさておき。
今月のメニュー
ベターホーム8月.jpg
モッツアレラチーズとトマトソースのスパゲティ
マンゴーと豚肉のミルフィーユ仕立て
ズコット

写真は先生の作品ですが、教室では時間がなく、
ズコットが固まりきっていない上、時間が経ってから撮ったので
へしゃがっています。
もちろん本当は素敵な帽子型でした。

スバゲティは生クリームを少し入れた、店によっては「トマトクリーム」という名前のソースでしょうか、
マイルドタイプのトマトソースでした。
トマトソースって日本のお味噌汁と同じで、「自分ちのが一番おいしい」と皆が言うそう(笑)。
私も、いつも作っている自分のが一番おいしい(ほほほ笑)。

同席のおっちゃん、ソースに入っているたまねぎのみじん切りが気に食わなかったのか、
「これはもっとすりつぶしたりして、細かくしたら駄目なんですか」
トマトソースはこんなもんやろっ!
先生「そんなことしたらフランス料理になりますから」そりゃそうだ。

マンゴーと豚肉って・・・酢豚のパイナップル、ポテトサラダのりんごやみかんとおんなじか?って
ちょっと引いてしまいまいたが美味しかったです(笑)。
ま、家ではせっかく美味しいマンゴーはそのままマンゴーとして食べたいけどねー!

ズコットって聞いてピンとは来なかったのですが、
見たら、あ、これ知ってる、ってデザートです。
小さめのボールに作るのですが、先生、量多すぎます(汗)。
元から生クリームは好きでないのに(いや、出された場合はもちろん残さず食べますよ)
今回の、美味しかったけど、全部は無理っ食べられる量じゃない!
持ちかえりも出来ないって・・・そうかなあ??
出来ないって言ったのは、あまり信用してない人の意見だったけど(え?)。
なんだか損した気分(笑)。

なんだかんだ、でも美味しかったです。
お店の割引券も頂けました手(チョキ)行こ〜っと!


で、今日は台風の余波もありつつ土砂降り&晴れの連続だったので
どうするか迷っていましたがやはり墓参へ。
ちょうど土砂降りがおさまり、霧雨みたいな柔らかい雨だったので
多少ぬれようが、炎天下よりはよっぽどマシぞよ。
姪っ子たちももちろん連れて。
父方母方両家とものお迎えも無事済ませ、お墓の掃除(水あそび・泥んこ遊びとも言う)で
汚れたちびっ子たちをお風呂に入れて、片付けてしまう(笑)。

晩はスパゲティがいいという1号の意見でペスカトーレを作ることに。
今日は生クリームなしの自分の美味しいトマトソースで手(チョキ)
一度にたくさん作って、冷凍しておけばいろいろに使えるので
仕込んでいる間にキッチンドリンカーと化すバー

母はあまり料理にワインを使わないので、切れたら切れっぱなし。
なのを忘れていて、ワインワインと請求したら、料理用でなく普通のが出てくるんです。
そしたら、まあまあ美味しかったりして・・・普通飲むよね。何か悪いとでも(笑)?
今日はそれほど飲みたい気分でもなかったので、あまり飲んでませんがね。

そういえば昨日習ったのはワインが入らなかったな。
どうりで「子供に人気です」とシェフが言ってたわけだ。
でもうちの姪っ子たちは二人とも平気だな・・・将来楽しみなやつらですわーい(嬉しい顔)
posted by 店主 at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年07月18日

ビランチャ3回目

青い空〜白い雲〜晴れ
からんからん(氷の音)。

カルピスのCMみたいな夏がやってきましたね。
CMには緑の爽やかなそよ風が吹いているけど、現実は暑いあせあせ(飛び散る汗)
今日の貸切のお客様、外に出るなり
「外は夏やわ」
言いえて妙。

さて、また何から書けばいいんだかわからなくなってきた。
一杯あるはずなんだけど。
とりあえず先週水曜に行ってきた「ビランチャ」のイタリアン教室3回目。

ベターホーム7月.jpg
ライスコロッケ
トマトの冷製カペリーニ
帆立貝のソテー グリーン野菜のスープと共に

ライスコロッケはしっかりリゾットを作ってからモッツァレラチーズをおにぎりの梅干のように入れて
コロッケにして揚げます。
美味しかった〜。

カペリーニは夏の定番ですね。これも大好き。

薄く張ったスープに帆立貝を飾る、という感覚。
面白い食べ方ですね。濃い味のソースを掛けるより、美味しいスープの中に入ってる帆立貝、というのが
斬新であっさりして、気に入りました。

この先生の教室は、イタリアンの定番で、普通に手に入る材料で作るので
実践はしやすい・・・と思うけれど、まだやったことありません(汗)。
それは・・・忙しいから。
(ということにしておきましょう)

お料理教室に通っていてこんなことは初めてなのですが、
実は、レギュラーのクラスのチームがとってもやりづらくて
同じ先生の別のクラスに出席してみました。
そこでは他の3人さんの中にすっと入れて(入れてもらえて)
普通そうよねーとホッとしました。
レギュラーのチーム、あれは何なんやろダッシュ(走り出すさま)
あまりにもストレス溜まるのだけど、レッスンやりくりして無理しないと良いほうには行けないしな。
とりあえず8月は良い方に参加します。


posted by 店主 at 22:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年07月01日

6月のイタリアン

先週行ってきた「ビランチャ」のイタリアン教室。

ベターホーム6月.jpg
アスパラガスのミラノ風
生ウニのスパゲッティ
ティラミス
(写真はシェフの作品)

どれもおいしかった・・・けどやっぱりイタリアンは素人には限界があると思う。
以上(笑)。
posted by 店主 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年05月25日

ビランチャと西宮ガーデンズ

よく降りますね。
日曜の暴風雨、すごかったです。
そして昨日も今日もよく分からん天気で、晴れたりザーザー降ったり。


今日は休みといえば休み。
でも勉強といえば勉強。ちょっとカッコよく「研究」くらいにしとこか。

午前中はベターホームのお料理教室。
今期は「ビランチャ」のシェフに習うイタリアン。

今日のメニューは初回なので簡単に
・ホタルイカとソラマメのケーキ仕立て
・あさりのスパゲッティ
・イチゴのパンナコッタ
以上3品。シェフの作品↓
ベターホーム ビランチャ5月.jpg

ベターホームといえど、ベターホームの先生でなくて
普通にレストランのシェフとして仕事しているプロの先生だと
やはり違う。
ベターホームの教室を借りて、助手はベターホームの先生であるだけの話、というのを覚え直さないと
勘違いしてしまう(笑)。

でも、シェフは、ここに来てるのは普通の人、というのはよく分かっておられるのは当然だけど
出来なかったら怒鳴られそうなイメージってあるからどんな先生かな?と緊張して行ったら、
涼し〜い顔して、しれーっと面白いこと言う先生だった(笑)。
良かった。

ビランチャっていう店名、「天秤」という意味で“何事においてもバランスよく”
というシェフのポリシーらしいのですが
なるほど、わかる気がする。

それにしてもこのクラスは平均年齢と定年後おっちゃんの率が高い!
前に行っていた「ソーニ・ディ・ソーニ」は割りに若かったから
今日はびっくり。
私のテーブルも4人のうち2人がおっちゃん。
よくお料理されているようだけれど、男のヒトは女とは
こだわるところが違うからヤリニクイのよね(苦笑)。

ボンゴレはニンニクたっぷりだったので、後のこと考えてお持ち帰り。
2品、非常に美味しかったです。


さて、夕方の歌のレッスンまで時間があるので、
「西宮ガーデンズ」に行ってみることに。
レッスンの度に西宮北口で乗り換えるために改札階まで上がるのに、
改札を出たのはフェド様が西宮に来たときだから…え〜ちょうど4年前だがく〜(落胆した顔)
ガーデンズが出来てからももう1年半くらい経っているらしい。

…まるで浦島だ。

いろいろなお店が集まっていて当然全部は無理なのでとりあえず阪急のところだけ見る。
で、お昼は前菜とデザートしか食べなかったのでちょっとお茶しよう。

阪急には普通のカフェがひとつしかなかったのでそこに。
生クリームのケーキしか見えなかったので、お茶だけにしようかなと思ったら
「スコーン 自家製クロテッドクリームかアイスクリーム付き」だって!!
即決。もちろんクロテッド。

おおおお〜これはロンドンのフォートナム&メイソンで出てきたクロテッドみたいや〜ん!!
日本のスーパーで売ってる、あんな黄色いしっかりしたやつではなく、
見た目はホイップクリームと変わらず、柔らかくて白色なのに、味はしっかりコクがある。
おーこれこれ、これが食べたかったのよるんるん
残念ながら買って帰れるものはありませんでした。

で、喜びのあまり写真を撮りわすれましたバッド(下向き矢印)
そしてさっき買ったばっかりの本を一気読み。
のめり込めるように、アラームかけて(笑)。

それから早めに出発し、一駅分歩いて先生家へ。
ぱらぱら降り出したので慌てて傘を買ったけれど、
降るのはいつも電車の中とか建物の中で、良かったんだか悪かったんだか。
黄砂に負けてるのか4,5日前から咳き込みがひどく、ノドが痛かったけど
ちゃんと歌えた。良かった。
でも咳、しんどい〜。


posted by 店主 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年04月18日

今日習ったパン

今日はわりと暖かかったですね。
さっき雨のにおいがしていたので明日はまた雨かしらん。
夜に匂う雨のにおい、なんだか好きなんですけどね。

余談ですが(前にもブログネタで使ったかもしれません)
私、社会人になったころまでそれが夜のにおいだと思ってました。
あ、それで思い出しましたが高校時代、学校に行くと時々うさぎ小屋のにおいがすると思っていました。
小学校みたいに飼育係とか無いので(笑)、学校でうさぎを飼ってるわけでもなく、
都会ではないけどこんな街中にウサギ小屋があるんだと勝手に思ってました。

それが大学を出てヤ○ハ音楽教室の講師をしていたとき
派遣先の楽器店の関係で吹田によく通っていましたが、同じにおいがするんです。
高校のあった茨木と吹田は隣どおしですが、のんきに「このへんて何でウサギ小屋ばっかりあるん?」と思ってたんです。

それが、同期の同僚Nちゃんが発した言葉で解決。
「ビールのにおい!」

え〜?!?!
ビールは好きだがウサギ小屋とつながるとは思わなかった。
たぶんホップの香りなんでしょう。
そう、茨木にも吹田にもビール工場があるんですな。
ということは高槻からちょっと京都方面に向かった先にもウサギ小屋が(笑)。

そして、私が夜のにおいと思っていたら、「雨のにおい!」といったのもNちゃんです。
Nちゃんの鼻技すごいぴかぴか(新しい)
私は嗅覚は鋭いほうですが、何のにおいか判断する鋭さは全く無いみたいですねバッド(下向き矢印)

余談が思いっきり長くなりました。
さて、今日はパン教室最終回。
2回ほど前に米粉のパーカーバンズというのを習いましたが
その米粉で食パンが出来るか?と訊いたのです。
先生、ご親切にも多分出来るけどもっといろいろ試してみたいから
今度会ったとき声かけてね、と言ってくださって。

でも私、ほんとうはそのクラスじゃないねん(笑)。
だけどこの1年、正規のクラスに出席できたのはたったの1回だけで
ほかは全部変更!
いろんな先生に習って、たくさん情報が集まって良かったのですが
この京都の先生たちがいちばん楽しかったので、できるだけそこへ変更するようにしていたお蔭で
顔も名前も覚えてもらえて質問しまくり(ただのおばちゃんやん笑)。
なので最後はどうしてもその先生たちを狙って行ってきました。

ちなみに食パンは結構自信あるのですが当店のスタイルでは難しすぎて
販売するには至りません。ときどき訊かれるのですが…ごめんなさい。

今日のパンは
フランスパン
フーガス
生ハムのサラダピッツァ

写真、今日はうまく撮れませんでしたふらふら
フランスパンはいわゆるパリジャンでしたっけ?短い目の。
フーガスは葉っぱのおばけみたいな、スナックというのに近いような塩味。
ピッツァは先にピザソースとチーズだけ乗せて焼き、荒熱が取れてからサラダのように
ベビーリーフとかトマトとか生ハムをたくさん乗せてドレッシング少々かけた生ピッツァとでもいいましょうか。

フランスパンはいつも私が作ってるほうが美味しい(自画自賛〜)。
でもやっぱり、クープ(きりこみ)が難しいね。
教室ではクープの見た目を問題にしていなくて、初めから入れる意味だけに絞ってました(笑)。残念。

ピッツァも美味しかったけど結構大きな長方形にするので食べにくいわ(笑)。
生サラダだと商品にもしがたいので残念です。

帰り際、さっきの食パンを教えてくれた先生が
「ベターホームの先生になられたらいいのに」
…実は目指してました。今でも歌笛堂辞めたらやりたいくらいです(笑)。
教室では店のことは隠しているので、仕事辞めたら〜と言ってごまかしました。
でも45歳までに入らないといけないんですって。
私が目指していたときは30そこそこで、35才以上、というので待ってたんです。
今度は上限が迫っています。
45までに歌笛堂やめてるだろうか(笑)。

来月からは半年限定、お店の名前は「ビランチャ」だったかな、
柿田先生のイタリア料理の会に行きます。
ドルチェも毎回充実していそうなのでそこにしました。
お楽しみに〜♪
posted by 店主 at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2010年03月13日

パン教室と単発ケーキ教室

あーもー何でこんなに速く月日は飛んでいくんだろ〜か。
ここへ来てかなりな加速度が付いた気がする。
この子、レッスンこないだ来たばっかりやんか、と思っても
しっかり一週間経ってる。絶対オカシイダッシュ(走り出すさま)(え、私のアタマが?)

心配事その1
28日の暗譜がまだだ(明らかに自分の責任)。

心配事その2
今月末発行の音楽家協会広報の下刷りがまだ返ってこない。
(いつまでに提出したら間に合うか、ちゃんと聞いた上のことなので
印刷屋さんは何とか間に合わせると言ってくれているから
要らぬ心配なのかな)

心配事その3
音楽家協会の定演の企画、前途多難?!
どうすればいいかわからん〜

心配事その4
その他、もろもろもろもろもろもろ。


さて、昨日はベターホームのパン教室に行ってきた。
そういえば2月もアップしていなかったですね。

(写真、撮ったのに既に削除してました〜たらーっ(汗)
2月
天然酵母のミルク食パン
米粉のパーカーバンズ

ベターホーム3月.jpg
3月
ブリオッシュ・アマンド
抹茶ツイスト

食パンは、やはり粉の味が命ですから、さすがに教室でも最高級の粉を使ってました。
私も気に入っている粉です。
そしてこれもお気に入りの(当店使用)天然酵母ですから
美味しくない訳がない。

でも、売りにくいので商品には致しません、あしからず。

米粉は、こねていたらある時急にぴかっと光るのです。
ちょっと面白かったし、サンドウィッチにしてとても美味しいパンでした。

余談ですが、何故か店主は“バンズ”という言葉が嫌いです(笑)。
理由はわかりませんが、もしかしたら、その辺のバーガー屋さんの
“スカみたいなパン”(この大阪弁はもしかして死語?)のことを
わざわざバンズとカッコつけて言うのがイヤなのかもしれん(笑)。

3月のパンはどちらもブリオッシュ生地でしたから
卵とバターがたっぷりで、とても美味しかったです。
雪だるまみたいな形のが、よく売られていますよね。
あれを美味しいと思ったことは無かったのですが…これ美味しい(笑)。
粉を良いのに変えて、アレンジしたのを歌笛堂でも作ろうと思います。

アマンドのほうは、とても簡単にしたメロンパンみたい。
ツイストは餡を変えたら何色もできますね。まずは桜あんから始めようと思っています。


新作も時々作っているのですが、このごろは発表していませんねたらーっ(汗)
そろそろ真面目にブログらないといけません。


あともうひとつ、バレンタイン用の単発のケーキ講座でザッハーを作りました。
ザッハー.jpg
ほんとうの、ウィーンのホテルザッハーが作っているような、あんな甘いのは要らないんですが
でも、あのようなザッハーを教えてもらえるんだと思って参加してみたのです。
うちでもときどき作っていますが、チョコレートの扱いが難しいので
それが習えると…。

その期待、半分当たり、半分はずれ(笑)。

これはザッハーと言えないでしょう的なチョコケーキ。
でもチョコケーキとしたらものすごく美味しかった(笑)。

中身はホワイトチョコを入れたバターケーキなので
黒くはなく、白いからザッハーとしてはかなり違和感。
でも、美味しい(笑)。

上掛けチョコは、固くならないのでザッハーじゃない。
でもなめらかぴかぴかで美しい(笑)。

ほんとうに、ザッハーではなくて、今時のチョコレートケーキなのだ!

ということで、私のアレンジは
@中身のバターケーキを黒いチョコレートでハート型に作る。
A上掛けは習ってきたのと同じにして、かざりはトリュフでなく金粉にする

にしました。
写真撮り忘れた〜残念。
また作って撮っておきます。

以上、3回分のベターホーム日記でした。



posted by 店主 at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2009年12月04日

悲しすぎ。

このごろ悲しい事件が多ございますね。
そして若い方の訃報も。
先日の大浦みずき様はじめ、結構好きだった亀ちゃん(お笑いのお姉さん)。
そして昨日はヤマハ音楽教室のジュニア専門コースというのに通ってたころに
2年一緒に学んだMちゃん(同級生)が亡くなったと聞き…。

何で亡くなったのかはわからないそうですが、連絡も取り合っていないにもかかわらず
J字屋というこの辺では大きな楽器店でやっぱりヤマハの先生をしていたので
Mちゃんに習ってた、という子がうちに代わってきたりしていた生徒もいたりして
うわさは耳にしていた加減、やっぱり辛いものがあります。
「平均寿命くらいまで生きる」というのは、ものすごい贅沢で幸せなことだな、と
つくづく思う今日この頃。

さて、湿っぽい話はこれくらいにして。

今日は「ハイジの白パン」を習いに行ってきました。
スケジュールがかなり厳しくなっていて、休みたいなと思いながら
後になるほど行けなくなるのがわかっていたので、えいっと出かけました。
091204_1241~0001.jpg
白パン
クレーム・オ・ショコラ

クレームは、どのくらい「おフラ〜ンス」なパンかと思ったら
ごく普通にチョコクリームパンだった(笑)。

当店ではブレッツェンとして、ラード入りのおいしいパンとして
お出ししているものが、いわゆる「ハイジの白パン」だと思うのです。
(ちょうどサンテレビで放映中の「ハイジ」は夢遊病になったおかげでフランクフルトから
スイスの山に帰ることになり、ペーターのおばあさんに白パンをお土産に届けたところです笑)

見た目は同じですが、それよりもかなりやわらかいフワフワ白パンでした。
これが習いたくて3回目のパンコースに参加しているのだ〜。
蒸し焼きみたいにするのかと思っていたら温度調整だけで、蒸すよりも食べ応えのある感じです。

で、今日は平日の朝クラスだったのですが、行ってみたらオッチャ…失礼、
おじ様(おじい様かな)が半分以上でびっくり!
最近男性クラスが流行っているとは聞いていたし、普段もちらほらいらっしゃいますが
こんなにたくさんのおじさまの教室は初めて。
だからか、何かにつけ拍手が起こったり、「先生助けて〜」だの
「先生さわって〜(もちろんパン生地をです笑)」だの救いを求める大声が飛び交う飛び交う(笑)。

先生もとてもおちゃめな方で、すごい面白かった(笑)。
父もこんなのに参加すればいいのに〜。

で、さっそく明日、この白パンを販売いたします。
紫芋入り、かぼちゃ入り、ヨモギ入り、などバリエーションも考え中。
お楽しみに!
posted by 店主 at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | ベターホーム日記

2009年11月08日

パン教室&カサブランカの遠足

今月のパン教室。久しぶりに梅田の教室へ行ってきました。
11月.jpg
今回は
メープルナッツのクランブル
コーンパン
でした。

クランブル(奥のアルミケースに入っている分)は
メープルシュガーとクルミとなんだったっけかを混ぜたのを
パンの上に乗せて焼きました。
ちょっとメロンパンぽい食感です。
うーん香ばしくて美味しい。これ、今日のやり方はウチでは販売しにくいので
改良の上でならいいかも〜。

手前のコーンパンはコーンの混ぜ込み方が良いヒントになりました。
切り込みを入れてマヨネーズを乗せて焼くのですが
私、あんまり好きじゃないんですよね〜。美味しいか???

寿司飯にマヨネーズ(サラダ巻き)なら大好き。
ふつうのごはんにマヨネーズは絶対いや。
サンドイッチならマヨネーズOK。
でも焼いてあるのはイヤ!

あ、そうか。焼いてるから嫌いなんか??脂っこく感じるから。
寿司飯は酢だから、マヨネーズと歩み寄って美味しいけど
白ごはんにマヨネーズは焼いてないけどイヤやな。
それか、業務用のマヨネーズが嫌いなんかな??

うちのコーンパンは生地にもコーンパウダーを混ぜていて美味しいです。
改良点は混ぜ込み方だけで、このまま行きます(笑)。


移動しながら買い物を済ませつつ、住吉(神戸市東灘区かな?)へ。
今日は声楽アンサンブル「カサブランカ」の練習日だったのですが
メンバーAさんのだんなさん(作曲家)が演奏会に出演で、練習を欠席ということになったので
少ない人数なら、遠足、じゃなかった、研修ということで
その演奏会に行こう!ということに。

駅でSさんと待ち合わせて昼食を付き合ってもらい(パン教室ではほとんど食べないのです)
「うはらホール」へ向かう。
神戸音楽家協会の演奏会でした(行くまで何の演奏会か知らない私たちあせあせ(飛び散る汗))。

高槻のと似ていて、演奏形態はとりどりで楽しい。
で、作曲家の池田さんは
“鍵盤ハーモニカとピアノのための「組曲」”
という曲を、鍵盤ハーモニカを自ら演奏。

け、けんばんはーもにか???

と思ったけど、なんのなんの、立派な本式の楽器で
ふつうの管を使った現代曲風(座って演奏。左手は黒鍵がわから弾いてる!!)。
テナーサックスを細くしたような管でジャズ風(立って演奏)。
バンドネオン風の音色でアルゼンチンタンゴ。
(・・・順番間違ってるかも)
ピアニストのリズム感もとても良く、クラシック演奏家にありがちな
違和感も全くない、素晴らしい演奏でした。

Aさんに聞くところによると、最近やっと仕上がったとか(つまり初演ね。)
そんなことは感じさせず(作曲家はアタマの中にあるんだから良いけど
ピアニストはドキドキやったと思うで…笑)とても良かったです。

他の方の演奏もじっくり聴かせていただきましたが、皆さんご立派でした。

1組10分10組、休憩15分、プログラムは色使いがウチの定演とカブッてる(なんで上から目線?)、
とか、職業柄(?)気になる部分が変。

でもそんなのばかりではないですよ。
作曲家の気持ちを感じる演奏って…というのを最近よく考えます。
池田さんのように自作自演をされるのが一番なのは当然ですが
私たちが普段接するのは写真もない、肖像画もどれがホントなんだか(詐欺じゃない絵なのか笑)
判らないような人の曲を演奏することが多いわけですよね。
そこで、小説でいうなら「行間を読む」ことが必要なわけです。

「楽譜通り」弾くのは当然ですが、例えばクレッシェンドの意味が「段々大きく」だけではありませんよね。
曲によって、場所によって、「進行方向」だったり「助走」だったり
あるいは「衝動」だったり実に様々。
それを探るのが楽しい。イコール練習が楽しい。
うまく演奏できたとき「神様が降りてきた」という言い方をするけれど
私は「作曲家が降りてくる」ほうが好きです(笑)。

先日、私が嫌いなショパン(笑)の「舟歌」を勉強してみようと思い
せっかくならコルトー版をと思って楽譜を新調しました。
まずは何も読まずに弾いてみた。

第1音で…そして冒頭3小節で…(実に美しい3小節です)
今までショパンってナヨナヨウジウジと思ってたのに…

あれ〜?ものすごい“男子”やん…。
思い浮かんだ映像が、気持ちが、男子側でした(笑)。
いくらオイラが男脳の持ち主だと言えどもそれは私の気持ちではないやろ。

その後コルトーが書いた解説を読んで、納得。何を書いてあったかは省略。
やっとショパンを理解できたかもしれん…。
遅すぎるわ、わたしたらーっ(汗)

でもやっぱり、ショパンのつなぎ目(曲の変化する間の部分)は大嫌いだ。
つなぎ目の作曲、下手すぎやねんあせあせ(飛び散る汗)
そして他の曲を好きになれるかはまだ未定バッド(下向き矢印)




posted by 店主 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ベターホーム日記